くろけん株ブログ – 裁量とシステムトレード日記

本当に株で勝つために、テクニカル分析の真実を見極める!

その他 2016/05/04

信用評価損益率から暴落時の底を予測できるかを検証

      2016/07/02

4/28(木)金融政策決定会合で、日銀の現状維持が発表され、日経平均は1000円以上の大暴落となりました。

今回はこの暴落の底を予測できるのか、信用評価損益率の視点から考えてみたいと思います。

信用評価損益率とは?

信用評価損益率とは、株を信用買いしている人、信用売りしている人がどれくらい損失を抱えているかを%で表したものです。

 

▼日経平均の信用評価損益率(2016年5月2日)

信用残(億円)   評価損益率(%)

売り残     216.52              -4.645%    
買い残   2,266.74             -11.615%

 

今回は信用評価損益率の買い(-11.615%の部分)の推移に注目していきます。

信用買いしている個人投資家は、含み益はすぐに利益確定し、損失は塩漬けしてしまう傾向が強いので、信用評価損益率は-%で遷移することがほとんどです。

 

信用評価損益率(買い)がマイナスであればあるほど、個人が損をしている、苦しい状態と考えてください。

日経平均株価と信用評価損益率(買い)の相関関係

50

 

暴落時の底を予測するのに、日経平均と信用評価損益率(買い)を簡単な図で表しました。

日経平均と評価損益率は相関関係があり、株価の暴落時は信用評価損益率(買い)が必ず大幅なマイナスとなります。

株価の底付近では、信用評価損益率(買い)は-15%〜25%くらいまで下がっています。

最近は、大体この水準で株価が底打ちし、反転しているのが分かりますね。

 

別のチャートで見てみましょう。

57

ここ最近の傾向だと株価の暴落時は、-15%〜25%くらいまで信用評価損益率が大幅に下がり、その辺りが底打ちとなる傾向が強いようです。

-15%〜25%にも下がってくると、信用買いしている個人投資家が、辛くでぶん投げる、人によっては追証が発生してくる水準の為です。

 

また暴落時の底は出来高もピークになっている時が多いのも注目です。

これはセリング・クライマックスと言われるもので、異常な出来高を伴った日は底になる可能性が高いと言われています。

 

2016年5/2(月)現在、日銀追加緩和なしの悪材料がトリガーとなり、一日で1000円以上の大暴落となりました。

そして5/2(月)の信用評価損益率は-11.16%です。

 

現在、すでに底打ちしたと考えている方も多いようですが、-11.16%はまだ異常な数値ではありません。

その為、日経は暴落の途中である可能性が高いと言えるので、注意が必要です。

信用評価損益率から、株価の底は予想できるのか?

結論から言うと、完璧な予測は難しいようです。

-15%〜25%というのは幅が広いですし、この数値はあくまで最近の傾向です。

 

8年前のリーマン・ショックのピーク時には-39%という恐ろしい数字になっています。

 

もちろん暴落時に積極的に買いを入れるという戦略はありだと思います。

実際に、逆張りのプロで、買い玉を計画的に分けながら、底値付近で買っていく人はいるようです。また、異常な出来高が伴っている場合は、買いを入れる十分な理由であると言えます。

しかし、信用全力で買うのはNGです。

 

株価が大暴落

大負け

損を取り返そうと熱くなって全力で売買

さらに暴落

追証・退場

 

というのが一番最悪なケースです。

暴落時に買いを入れる場合は、冷静に計画的に買うことをオススメします。

毎日の信用評価損益率をチェックする方法

松井証券が、毎日(平日)夕刻にメールマガジンで配信しています。

松井証券マーケットプレゼンス

 

無料なので、興味のある方は是非登録してみてください。

まとめ

・信用評価損益率(買い)と日経平均は相関関係がある

・ここ最近の暴落時は、信用評価損益率(買い)は-15〜25%辺りが底になることが多い

・さらに異常な出来高が伴っている場合、その日が底である可能性が高い

・しかし、正確な底打ち予想は難しく、-25%になってもさらに下がる可能性はある

・リーマン・ショック時は-39%という超異常な数値となった

 

今後の信用評価損益率(買い)と出来高の推移は、是非注目したい所です。

 

相場に一喜一憂したくない、自信がない方はシステムトレード「イザナミ」がおすすめです。

トライアル版は無料でダウンロード出来るので、是非チェックしてみてください。

 

無料でシストレを使い、利回りの良い売買ルールを設定する方法はこちら

 -

関連記事

2016/05/08

現在の三菱自動車は買い?売り?買い残・売り残とテクニカル分析から勝手に予想

今回は個別銘柄の買い残・売り残について、現在の三菱自動車とそーせいをベースに説明したいと思います。買い残・売り残とは買い...

2016/05/16

オニールの投資法で気になった言葉・名言まとめ(株・投資)

ツイッターで、凄い個人投資家さん達がよく話題に上げているオニールの本を買ってみました。 読んだ本はこちらです!...

2016/07/02

株で勝ち続ける為に必要だと思うこと

銘柄に惚れてはいけない銘柄に惚れてしまうことは、デメリットが多いと感じています。どんなにファンダメンタルが優れていても、...

2016/10/23

おすすめの株の証券会社は?手数料や注文方法などの観点から比較 (SBI証券、楽天証券、松井証券、ライブスター証券など)

今回は、証券会社を色々な観点から比較してみます。今回の比較ポイント1.取引手数料2.注文方法の豊富さ3.トレードツールの...

2016/10/24

誰が株を買い売っているか?個人(個人投資家)・国内機関・海外投資家(外資)の先物ポジションが分かるサイト

よく日本経済のニュースで、外国人投資家が何兆円売り越してきた、とか国内勢が大きく買い越したなどと、報じられることがありま...